NEWSXJR1200R エンジンオーバーホール 8

XJR1200R エンジンオーバーホール 82018/01/12

スタッフの柴田です。

クランクケース、キャブレター、車体フレーム養生が終わり

残りはシリンダーヘッドのバルブ摺り合わせとカムシャフト組み付け

が終わればエンジン搭載できます。

DSC_0257.JPG

バルブ摺り合わせには、粒子の細いコンパウンドを使用します。

DSC_0258.JPG

タコ棒の先にバルブをつけ、回しながらこする、たたくようにしてバルブシートと

バルブあたり面を馴染ませます。

DSC_0256.JPG

正確に当たりを出すのに一本一時間は掛かります。

一日3~4本が限度です。

この仮の当たり出しが終わると今度は光明丹を使用して

バルブ当たり面の最終確認を行ないます。