NEWSコンペモデルのすすめ。

コンペモデルのすすめ。2018/07/05

新しく生まれ変わったYZ450FXを含め、

2019モデルの競技用オフロードモデルの受注が開始されました。

昨年の2018モデルで店長 高松もYZ125Xを購入しました。

125は2ストロークエンジンです。この今の時代にまだ2ストに新車で乗れる!!

と。。。思いYZ125Xにしました。

市販のトレイルモデル、WR250RやSEROWたちとは違うのは当然なのですが、

一番の驚きは、その軽さです。

 

IMG_9792.JPG

 

YZ450FXで116kgですよ???450で116kg???

すごい軽さです。

250も100kg少し、125は95kgほどです。

 

オフロードを知らない方はぜひ友泉にお尋ね下さい。

面白さをお伝えします。

 

これから始めたいけど。。。どうしよう。。。???

 

大丈夫です、すべて友泉にお任せ下さい。

楽しいオフロードワールドにぜひ飛び込みましょう!!

 

初心者の方や、女性の方にオススメしたいのが

YZ85です(*^_^*)

 

yz85lw_index_color_001_2019_001.jpg

 

このYZ85にはホイールが小さめな仕様と大きめな仕様が選べる設定になっています。

小さめな仕様はフロント17インチ、リヤ14インチ。シート高は84cm!!重量73kg。

大きめな仕様はフロント19インチ、リヤ16インチ。シート高は87cm!!重量75kg。

その名のとおり85ccの2ストエンジン搭載です。

 

今年新たなモデルが登場したのが

YZ65です。

 

yz65_index_color_001_2018_001.jpg

 

YZ85よりも小さい仕様でフロント14インチ、リヤ12インチ。シート高は75.5cm、重量は61kg。

この新しいジャンルもこれからオフロードワールドに飛び込む方にとっては良い選択肢になるのでは

ないでしょうか(*^_^*)

 

まずは、本当にお気軽にお尋ね下さい。

 

私(店長 高松)は、

SEROWからYZ125Xに乗り換えましたが、SEROWが130kgの重量で

YZ125Xは95kg。この重量差はすごく大きいですね。数字以上の感覚です。

上で紹介した85や65と違って125はシート高が95.5cmあります。だから足つき

とか、エンジンフィーリングなどは初心者向きではないかもしれません。(自分は初心者のくせに)

コンペモデルだから、早く走るだとか、勝つための装備だとか、気負わなくていいんです。

自分が気持ちよく楽しめれば(*^_^*) そう思いますので、初心者だからコンペモデルなんて!!!

なんて考えなくて良いのだということです。むしろ、コンペモデルの足回りの造りの素晴らしさは

技術が伴なってない初心者の私なんかにとってはすさまじくアドバンテージになりました。

 

悩んでる方のあれこれな悩み、お聞きします。

初めはみなさん同じなので、なんでも聞いて下さい。

ご来店お待ちしております。!(^^)!

店長 高松

 

stafftakamatu.jpg