NEWSYSP友泉オフロード部  YZ125X慣らし運転へ

YSP友泉オフロード部  YZ125X慣らし運転へ2017/10/04

YSP友泉オフロード部 部活動してきました。

佐賀大和にあるフィールド佐賀大和へ。

え~~~~っと、ちょっといいですか???

「やっほ~~~~~~~」

空気美味~~~~~~~~~い(*´ω`*)

大人になると、大きな声って出さなくなりますよね???

子供のころはあんなに大声で笑って、叫んで、遊んでいたのに。

そんな童心に帰って、遊べるのもバイクの醍醐味だなと思っております。

 

というわけでスタート。

 

IMG_7001[1].JPG

 

雨天の影響からか、路面は結構荒れていましたが天候は上々(^^♪

 

IMG_7004[1].JPG

 

IMG_7006[1].JPG

 

YZ125X コンペティションモデル 競技用というわけですが、これだけ聞くと敷居が

激高ですよね。。。"(-""-)"

激高なのはシート高だけです。(笑)ちなみに955mm。

自走は出来ませんので、トランポやトラックなりの輸送手段が必要です。

ここをクリアできればコンペマシンは遊ぶにもってこいのバイクです。

軽トラックをレンタルするという手もアリ。もちろん、ハイエースやキャラバンならなおさら。

ですが、趣味にそこまで。。。という家族の冷たい目線。。"(-""-)"これをクリアするためには

一緒に遊んで家族も巻き込んでしまう方法。。。

家族サービスに全力を注ぎ、不平不満を与えない方法。。。

なにかと必要かと思います。。。そこは、、、頑張ってください。( ..)φメモメモ

 

重量は95kg。(ちょっと重い自転車です。。。私の感覚。。。)

ちなみにSEROWより30kgほど軽いです。

小学生3年生くらいの重さです。。。(私の娘がそのくらい)

2018モデルですが、内容は2017モデルと同様。

過去のYZ125が39馬力でしたので、そのくらいでしょうか。(公表データナシです)

125ccですよ。原付ですよ。。。そのポテンシャルの高さに感動。

 

IMG_7007[1].JPG

 

最近は林道仕様のSEROW(下)をずっと乗っていたので。。。その差をまざまざと

見せつけられました。((笑)!(^^)!)

足つきは悪いですが、気になりません。。。

またがるときは何か足場を見つけてまたがるといいですね。

軽いので転倒したあとのリカバリー。。。

引き起こしも「楽」。しかしその125cc2サイクルエンジンという特性には慣れが必要です。

そして、無理はしない。怪我したら、元も子もないので。。。仕事できない。。。家族に怒られる。

低回転はスカスカなのにいきなりのモリモリパワー。いかに高回転を維持しながら走るという

クラッチの使い方などすご~~く勉強になりました。しばらくはこのマシンとお友達になれるよう

練習に励みたいと思います。( ˘ω˘ )

 

IMG_6887.JPG

 

SEROWは林道、YZ125Xはコースで遊ぶ。そんな使い方、これがまさに適材適所なのでしょう。

帰ってきてからのYZ125Xの洗車はエアクリーナーからの水の侵入を防ぐため、

フタをして洗車します。

一般公道車と違いますので、シート下は全てエアクリーナーボックス。

そのままジャバジャバ洗ってますと、キャブレタ内に水が浸入してしまいます。。。

あ。。。気づきました???

「キャブレタ」なんですよ。(^_-)-☆

今は主流の「インジェクション」ではありません。(電子制御の燃料噴射式)

いや~~~~~でもそのポテンシャルは最高です。オートバイが好きで、メーカーの

最高な技術を体感させてもらって、楽しんで、喜びを得る。。。これぞ至福ですよね。

 

IMG_7008[1].JPG

 

メカニックスタッフ安藤と洗車の様子。

 

IMG_7009[1].JPG

 

下記がメーカーサイトです。

コンペモデルは12/10までの受注生産となります。

店頭展示販売予定はありませんので、ぜひご予約ください!!!

 

YZ250X/YZ125X

 

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yz250x-125x/

 

店長 高松